こんにちわ。育休明けました清和です。

あっという間にもう8月も終わりますが、まだまだ猛暑が続いていますね。

 

今月はお盆の連休で久々に実家に帰省しました。

 

田舎なのでお盆の仏壇周りはすごく賑やかになります。

写真を取っていないのが悔やまれるのですが、まず仏壇の両端にくるくる回るぼんぼりを飾ります。

涼しげな色をつけた光が仏壇の周りに映し出されてすごく綺麗です。

 

仏壇の上には小ぶりな砂糖菓子、そうめん、昆布がぶら下げます。

砂糖菓子はお供え物の野菜を模していて、そうめんは「白髪になるまで健康に(母談)」、昆布は「縁起物(母談)」という意味があるそうです。

他にも葉っぱのさらに乗ったあんこ餅、夏野菜の角切り、きゅうりで作られた馬にナスで作られた牛をお供えします。

 

地域によって違うだろう、と私も思っていたのですが、

関東出身の旦那があんこ餅を見て「なにこれ?」と言ったことと

お盆玉とお盆礼を見て「なにそれ?」と言ったことが衝撃でした。

常識だと思っていたのに・・・

 

容器にたっぷりと入ったあんこを見てあんこ餅とわかるあなたと

お盆玉とお盆礼を知っているあなた・・・

もしかしたら同郷です。